光回線を引いていたけど急な引っ越しや転勤などで光回線を解約する方又は家計の節約の為に

 

光回線は高いからやめたいと考えている方。

 

またはこれから光回線をひくかWiMAXだけにするかで悩んでいる方。

 

WiMAX1つにすればどれくらい安くなるかな?

 

でもそもそもWiMAXって光回線の代わりになるのかな?

 

そんな疑問をお持ちのあなたに解説していきます。

 

ここでは回りくどい事は言いません。

 

要点をしぼって説明していくので10分もあれば読める内容となっていますので最後まで読んでみて下さい。

結論。WiMAXは光回線の代わりになる

 

WiMAXは光回線の代わりになる。その理由が10分で分かります。

 

始めに結論から言いますと、WiMAXは十分光回線の代わりになります。

 

但しヘビーユーザーに関してはこの限りではありません。

 

ヘビーユーザーとは、例えば株などのデイトレーダーで1日中ネットに繋げている方やネットゲームなどのデータ量の多いものを頻繁にダウンロードしたりする方です。

 

そのようなヘビーユーザーではなく普通にネット検索したりYouTube等の動画を見たりするだけの人ならば光回線となんら変わりなく使うことができます。

 

なぜなら近年のWifi技術の進歩や無線アンテナ等のインフラ設備が増えたことにより回線速度及び通信の安定性共に光回線と変わらない位のレベルにあるからです。

 

少し前のWifiとは違い、回線速度が遅い!全然つながらないじゃん!などということはありません。

 

今後は更に無線技術は進化していきます。
そうなると光回線などのケーブルがなくなる日が来るかもしれませんね。

 

 

WiMAXが光回線の代わりになるという3つの理由

まずWiMAXと光回線の比較を表にまとめてみます。

 

WiMAXは光回線の代わりになる。その理由が10分で分かります。

光回線 WiMAX
料金 5000〜7000円 3000〜4000円
部屋の中の配線 ケーブル等機器の配線が多い 端末のみ(ケーブル等一切無し)
回線速度 1Gbps(1000Mbps) 1.2Gbps(1200Mbps)
開通までの時間 3〜4週間 その日〜2日程度
使える場所 家の中のみ 外でも使える
手続き 解約や引越し時の手続きが面倒 手続き一切無し

 

WiMAXがあれば外でもネットが使い放題なので、スマホの通信容量を1番低いものに変えればその分節約もできます。

 

更に今光回線を契約している方は解約すれば、より大きな節約になります。

 

圧倒的にWiMAXの方が良いと思いませんか。

 

でも光回線をやめてWiMAX1本にしたいけど本当に大丈夫かな?などまだ少し不安があると思います。

 

先ほども言いましたが近年の無線技術の進歩は本当に目を見張るものがあります。

 

まだ不安なあなたの為に、この後でWiMAXが光回線の代わりになるという3つの理由を説明します。

 

回線速度

WiMAXの最新機種でW06という機種がとうとう光の速度超えをしました。

 

ついに無線が光を超える時代がきました。

 

これでネットは固定回線から無線にするという流れが強くなるでしょう。

 

通信制限

次に通信制限ですが光回線は完全に無制限なのに対しWiMAXには少し制限があります。

 

WiMAXにはライトプランとギガ放題プランの2種類がありますが断然ギガ放題プランがおすすめなのでここではギガ放題プランの説明をします。

 

それは3日間での通信使用量が10GBを超えると、翌日の18時〜26時まで1Mbpsに制限されてしまいます。

 

???・・・簡単に説明します。

 

まず3日間で10GBのデータを使うというのは相当のことです。

 

動画サービスYouTubeで例をあげると標準画質(DVDと同等)で約47時間。
高画質でも約13時間は見ないと達しないレベルです。

 

もし超えたとしても制限がかかるのが翌日の18時〜26時までなのでそれを過ぎればまた使えるようになります。

 

又、1Mbpsに制限されてもYouTubeの標準画質(DVDと同等)であれば問題なく見ることができるくらいの速度なので実質は無制限と言えるレベルです。

 

電波の安定性

最後に電波の安定性ですが、近年の無線のインフラ整備が整ってきたというのもありWiMAXの電波の届く範囲は日本全国の90パーセント以上を網羅しています。

 

最新機種のW06はビームフォーミング機能とハイモードアンテナの搭載で電波の受信力が格段にあがりました。
以前のように場所によっては電波の感度が悪いなどといったことはかなり改善されています。

ビームフォーミング機能とは、狙った端末(スマホ等)に対して電波をピンポイントで照射する機能で部屋中の電波の届きにくい場所でも電波の受信力を向上させる機能です。

ハイモードアンテナとは、周りに高い建物などがある場所で電波の届きにくい場所でも電波受信力を20%向上させる機能です。
尚、WX05にもハイパワーモードがありますが、別売りの台座(クレドール)を購入しないと使うことが出来ません。

 

このようにWiMAXはどんどん進化しています。

 

しかし、どうしても電波が悪く改善されない場合はWiMAXには初期契約解除制度という制度があり、契約後8日以内であれば無料で解約ができます。(但し事務手数料3000円のみ負担が必要です)

 

これはWiMAXが届いてから8日以内に契約したプロバイダへ電話をして解約の手続きができます。

 

その電話をしてから郵送で7日以内にプロバイダへ端末が届けば契約解除完了です。

 

これは安心ですね。

 

なので光回線をやめてWiMAXに代えようとしている方はWiMAXを実際に自分の家で問題なく使えるか試してから光回線を解約することをおすすめします。

 

WiMAXのメリット・デメリット

メリット

開通工事が不要

光回線などの工事は必ず作業員が家の中に入って作業が必要になります。

 

その為に部屋を片付けたりしなければなりません。

 

更にコンセントの場所等によっては大きな棚や冷蔵庫を動かす必要があるケースも出てきます。

 

その点WiMAXはそのような工事は一切必要ありません。

 

 

部屋の中の配線が不要な為、部屋の中はかなりスッキリ

光回線はモデムという装置からパソコンやテレビに色々なケーブルを配線する必要があります。

 

WiMAXは光回線の代わりになる。その理由が10分で分かります。

 

よくTVの裏などにケーブルがぐちゃぐちゃになってひどいことになっていませんか?

 

それに比べWiMAXは一切ケーブル等が必要ないので部屋の中は大分スッキリします。
WiMAXは光回線の代わりになる。その理由が10分で分かります。

 

これは大きなメリットと言えます。

 

 

端末を入手したその日からインターネットができる

光回線やケーブルテレビ回線は工事の予約が必要で、その工事が終わるまではネットを一切使う事が出来ません。
その点WiMAXは申し込みをし、1〜2日待てば端末が届きます。

 

その瞬間からネットに接続が可能です。

 

又、申し込みしたその日に端末を受け取ることができる場合もあります。

 

詳しくはBroadWiMAXのサイトへ

 

料金が割安かつ最新機種が無料

光回線は戸建なのかマンションなのか又は、NTTなのか他社なのか、等で違いはありますが、毎月約5,000〜7,000円位かかります。

 

それに比べWiMAX一つであれば毎月約3,000円程度でネットが使い放題です。

 

その差2000円〜4000円です。年間24000〜48000円もの差です。かなり大きいですよね。

 

スマホ代もデータ通信量を最小にすれば更なる節約になります。

 

又、今なら最新機種が無料キャンペーン中の為、タダで手に入ります。

 

引っ越し等で手続きが一切不要

光回線などは引っ越しの際に色々面倒な手続きが必要になります。

 

引っ越しというのは、ただでさえ色々な手続きが必要でかなりの労力を要します。

 

しかしWiMAXであれば一切の手続きが必要ありません。

 

ただ端末を持っていればいいだけです。

 

これはかなり楽ですよね。

 

外でもネットがし放題

光回線やケーブルテレビなどの有線回線は無制限にネットが利用できますが、家の中でしかネットにつなぐことができません。

 

その点WiMAXは家の中でも外でも基本的にネットが使いたい放題です。

 

これがWiMAXの最大のメリットといえるでしょう。

 

設定等が簡単

WiMAXは端末を手に入れれば簡単な設定をするだけですぐに使えるようになります。

 

本当に簡単ですので何も心配はいりません。

 

光回線などは最初の設定がネット初心者からすると結構難しいと感じるかもしれません。

 

 

デメリット

無線なので部屋の中の場所によっては電波が弱い場所がある
(最新端末のW06であれば改善されます)

WiMAXなどの無線Wifi端末は家の周りに高層ビルやおおきなマンションがあると、電波が悪くなることがあります。
しかし、先ほども言いましたが最新機種のW06という端末なら電波が悪い場所でも改善できる機能があります。

 

データ通信に制限がある
(実質無制限なので普通に使っていれば問題ありません。詳しくはこの後説明します)

 

紛失や故障のリスクがある

やはりWiMAXの端末は小さいものなので紛失のリスクはあるでしょう。

 

しかし、スマホとさほど大きさは変わらない為、いつもスマホと一緒に持ち歩いていれば、そう簡単に無くすこともないでしょう。

 

固定電話・テレビには対応していない

光回線では、固定電話とテレビに対応しているのでネット・電話・テレビのセットが使えます。
(CS放送は別料金が掛かります)
それに比べWiMAXでは固定電話やテレビは使えません。もし使うなら別で電話回線を引いたり、テレビならアンテナを立てたりする必要があります。(マンション等であれば地上波だけですがアンテナ無しでもテレビは見れます。)
固定電話はNTTの受付センターの116番へかけて申し込めば後日工事にきて使えるようになります。

 

ただ、今は固定電話を使う人はほとんどいないですし、テレビはhuluやネットフリックス又はYouTubeなど、ネットで見れるものがあるのでそこまでデメリットにはならないでしょう。

 

光回線の解約時の違約金負担はできない

今光回線を使っている方でWiMAXだけにするという方は光回線の解約時に違約金が発生する可能性があります。
WiMAXを新しく契約しても光回線の違約金を負担できるようなサービスは残念ながらありません。
しかし、毎月の月額料金が安いので違約金を払ったとしてもすぐに回収できます。

 

WiMAXは選ぶプロバイダによって月額1,000円以上違うこともある

WiMAXは光回線の代わりになる。その理由が10分で分かります。

 

 

WiMAXとは「UQコミュニケーションズ」という会社が運営する無線端末で、そのWiMAXには販売代理店が多数あります。

 

そういった代理店をプロバイダと言います。

 

各プロバイダが扱っているWiMAX端末は「UQコミュニケーションズ」が所有する通信設備(無線アンテナやそこから発せられる電波)を使用しているものなので、プロバイダにより通信速度や電波の届くエリアに違いはありません。
違うのは月額料金やサービス等の違いです。

 

その数あるプロバイダの中でも一番のおすすめなのが業界シェア及び顧客満足度NO,1の「BroadWiMAX」というプロバイダです。

 

プロバイダ別の比較を紹介します。

 

 

WiMAXプロバイダ別月額料金比較

 

プロバイダ GMOとくとくBB BIGLOBE nifty UQWimax BroadWimax
月額 4,263円 4,380円 4,350円 4,380円 3,411円
契約期間 2年か3年を選択 2年か3年を選択 3年縛り(しばり) 3年縛り(しばり) 3年縛り(しばり)
キャッシュバック 40,500円 30,000円 30,100円 10,000円分の商品券 無し

 

キャッシュバックか月額料金をおさえるかで分かれますが、絶対に月額料金をおさえる方をおすすめします。

 

なぜなら実際にキャッシュバックを受け取れる時期というのが契約から1年後など、かなり先の日程となる為、きちんと受け取れる人は全体の2〜3割程度となっているのが現状だからです。

 

比較表を見て頂ければ分かりますがプロバイダによっては1,000円以上の差が出てきます。年間にすると1,2000円です。
大きいですよね。

 

普通にYouTube等の動画を見る方なら月額3,411円で無制限に使用することができるということです。

 

BroadWiMAXのお得な契約の仕方

WiMAXは光回線の代わりになる。その理由が10分で分かります。

 

 

BroadWiMAXには他社には無い初期費用18,857円というのがあります。
しかし、これはあって無いようなもので以下の3つの条件をクリアすれば無料となります。

 

WEBで申し込み手続きをする
(電話での申込みでは適用されないということです)

 

クレジットカードでの支払い申し込み
(口座引き落としでは適用されないということです)

 

「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」の2つのオプションの加入

「安心サポートプラス・月額550円」「MyBroadサポート・月額907円」(2カ月無料)の2つのオプションサービスの加入が必要ですが、不要であればWiMAX入手後すぐに解約できます。   
なので実質支払う金額は「安心サポートプラス」550円を1回分払うのみとなります。

これで初期費用18,857円はかからずに申し込みできます。

まとめ

以上でWiMAXが十分光回線の代わりになることはおわかり頂けたでしょうか。

 

特に学生さんや単身赴任の方など一人暮らしの方には断然WiMAXをおすすめします。

 

冒頭でも書きましたが、本当に最近の無線技術は回線速度や電波の安定性など、前と比べると格段に進歩しています。

 

更に外出先でも使えるということから絶対に光回線よりもおすすめします。

 

月々の通信費用に関してもWiMAX1つにすることにより、光回線の月額とスマホのデータ通信費の減額により大きな節約効果が見込まれます。

 

あなたも是非WiMAXで安くて快適なネット環境を手に入れて下さいね。

TOPへ